木村 周平(読み)キムラ シュウヘイ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

木村 周平
キムラ シュウヘイ


職業
新派俳優

肩書
自由党員

生年月日
文久2年

経歴
良家の生まれで、川上音次郎一座の「板垣遭難実記」を見て感動し研究生募集に応じた。初めは女形、明治29年の大阪角座での成美団結成メンバーで、この頃から立役に転じた。顔が大きくおっとりしていて、歌舞伎俳優の風貌を持っていた。

没年月日
明治40年 3月26日 (1907年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android