風貌(読み)ふうぼう

精選版 日本国語大辞典「風貌」の解説

ふう‐ぼう ‥バウ【風貌・風丰ボウ

〘名〙 風采(ふうさい)と容。すがたかたち。身なりや顔かたちなどの様子。転じて、風景・物事の様子、ありさまについてもいう。〔布令字弁(1868‐72)〕
※手袋のかたっぽ(1943)〈永井龍男〉「大震災が惜しげもなく東京の風貌を一変したと云ふ」 〔北夢瑣言〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風貌」の解説

ふうぼう【風貌】[作品名]

土門拳の写真集。戦前から戦後の15年間をかけて撮影した、山田耕筰志賀直哉川端康成ら著名人から一般人までの肖像写真をまとめたもの。昭和28年(1953)刊行

ふう‐ぼう〔‐バウ|‐ボウ〕【風貌/風×丰】

風采と容貌。身なりや顔つきなど、外から見たその人のようす。「大家の―がある」
[補説]作品名別項。→風貌
[類語]容姿姿形見目形見目ルックス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android