木村 緑平(読み)キムラ リョクヘイ

20世紀日本人名事典「木村 緑平」の解説

木村 緑平
キムラ リョクヘイ

大正・昭和期の俳人,医師



生年
明治21(1888)年10月22日

没年
昭和43(1968)年1月14日

出生地
福岡柳川市

本名
木村 好栄(キムラ ヨシマサ)

学歴〔年〕
長崎医専卒

経歴
昭和2年糸田村の明治鉱業豊国炭鉱中央病院、13年赤池炭鉱病院、のち田川で炭坑医をつとめる。大正5年頃知り合った種田山頭火親友として物心両面でよく援助した。昭和25年妻ツネを亡くし、翌年フイと再婚すずめの俳人として知られ、句集に「のゐる窓」「雀の言葉」や遺句集「雀の生涯」などがある。他にフイが脳いっ血で倒れた後の「看護日記(十柿舎日記の改題)」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android