コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種田山頭火 たねだ さんとうか

9件 の用語解説(種田山頭火の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

種田山頭火

俳人。山口県生。名は正一。早大中退。荻原井泉水に師事し、俳誌『層雲』に俳句を発表した。のち尾崎放哉に傾倒する。大正十三年仏門に入り、庵を結び、また一笠一杖の乞食行脚で各地を遍歴し、禅味ある自由律の独自な句を残した。友人大山澄太によって遺稿集『愚を守る』『あの山越えて』が出された。昭和15年(1940)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

種田山頭火

五七五や季語にとらわれない自由律俳句の俳人。山口県防府市生まれ。生家破産などで妻子と熊本市に転居し、出家した。翌年の1926(大正15)年から施しを受ける修行「行乞」の旅を始め、30(昭和5)年9~11月の南九州行脚で人吉を訪れた。

(2014-05-10 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たねだ‐さんとうか〔‐サントウクワ〕【種田山頭火】

[1882~1940]俳人。山口の生まれ。本名、正一。地主の長男に生まれたが、生家破産後出家し、各地を遍歴しながら自由律による句作をした。句集「草木塔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

種田山頭火【たねださんとうか】

俳人。本名正一。山口県生れ。早稲田大学文学科中退。荻原井泉水(せいせんすい)に師事,《層雲》で活躍した。生家破産や父弟の死にあい,1925年熊本報恩寺にて得度,翌年より生涯にわたる行乞(ぎょうこつ)放浪の旅に出る。
→関連項目池田遥邨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

種田山頭火 たねだ-さんとうか

1882-1940 大正-昭和時代前期の俳人。
明治15年12月3日生まれ。山口県の大地主の長男。荻原井泉水(せいせんすい)に師事し,「層雲」に投句。大正14年熊本の報恩寺で出家,放浪の托鉢生活のなかで独特な自由律の俳句をつくる。のち山口県小郡(おごおり)に其中庵(ごちゅうあん)をむすぶが,遍歴をやめず昭和15年10月11日松山市一草庵で死去。59歳。早大中退。本名は正一。別号に田螺公。法名は耕畝。句集に「草木塔(そうもくとう)」など。
【格言など】歩くこと―自分の足で。作ること―自分の句を(「其中日記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たねださんとうか【種田山頭火】

1882‐1940(明治15‐昭和15)
俳人。山口県防府生れ。本名は正一。1913年に荻原井泉水に師事,自由律の俳句誌《層雲》で活躍した。25年に出家,翌年,〈分け入つても分け入つても青い山〉と詠み,生涯にわたる行乞(ぎようこつ)放浪の生活をはじめた。〈水の流れるやうな自然さ,風の吹くやうな自由さ〉(《行乞記》)を旅に求めながらも,そうした境地が実現したら〈人間的ぢやなくなる〉(同前)と考え,悲喜哀楽の感情にとらわれる自分を,率直に句にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たねださんとうか【種田山頭火】

1882~1940) 俳人。山口県生まれ。本名、正一。早大中退。「層雲」に参加。荻原井泉水門下。出家し托鉢生活をしながら自由律による句作をした。句集「草木塔」、日記紀行文集「愚を守る」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種田山頭火
たねださんとうか

[生]1882.12.3. 山口,防府
[没]1940.10.11. 松山
俳人。山口中学校を経て 1904年早稲田大学文科中退。荻原井泉水に師事して『層雲』に属したが,25年に出家,翌年から漂泊の旅に出た。小郡の其中庵,松山の一草庵など各地の草庵に転住し,自在闊達な心境を句作に託しながらの全国行脚を死にいたるまで続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種田山頭火
たねださんとうか
(1882―1940)

俳人。山口県防府(ほうふ)町(現防府市)に生まれる。本名正一(しょういち)。幼時の母の自殺が山頭火の生涯に大きな衝撃を与えた。1902年(明治35)早稲田(わせだ)大学文科に入学したが、神経衰弱で退学して帰郷。父と酒造業を営むが失敗し、家は破産。山頭火は熊本市で額縁店を開くが、家業に身が入らず妻子と別れ上京。しかし、定職を得ず、熊本に帰る。酒におぼれ生活が乱れた。1924年(大正13)市内の報恩寺で出家。法名耕畝(こうほ)。市北部の植木町味取(うえきまちみとり)の味取観音の堂守となった。1926年、行乞(ぎょうこつ)の旅を始め、山口県小郡(おごおり)(現山口市)の其中庵(ごちゅうあん)に住したが、行乞漂泊すること多く、諸国を巡り、1940年(昭和15)松山市の一草庵(いっそうあん)で没した。句は1913年から『層雲』に投句。漂泊中の作に特色がある。句集『草木塔』(1940)がある。[伊澤元美]
 うしろすがたのしぐれてゆくか
 鉄鉢の中へも霰(あられ)
『『定本種田山頭火全集』全7巻(1972~1973・春陽堂) ▽村上護著『放浪の俳人山頭火』(1972・東都書房) ▽大橋毅著『種田山頭火――その境涯と魂の遍歴』(1997・新読書社) ▽村上護著『種田山頭火――うしろすがたのしぐれてゆくか』(2006・ミネルヴァ書房) ▽渡辺利夫著『種田山頭火の死生――ほろほろほろびゆく』(文春新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

種田山頭火の関連キーワード鹿熊久安熊沢一衛白神邦二杉山幹玉井是博富岡冬野根来簡二三国仁兵衛若尾謹之助和田信夫

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

種田山頭火の関連情報