コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木目込み人形 キメコミニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

きめこみ‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【木目込み人形】

木彫りの人形に金襴(きんらん)などの切れ地をはり、その端を彫った溝に埋め込んで衣装とした人形。江戸中期ごろから作られた。賀茂川人形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きめこみにんぎょう【木目込み人形】

日本人形の一。木彫りの人形に刻み目をつけ、そこに金襴きんらんなどの裂きれの端をはさみ込んで衣装としたもの。江戸時代、京都の賀茂神社の雑掌が創製したという。賀茂川人形。大八人形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木目込み人形の関連キーワード極め込み・木目込み吉田博(2)木目込み鴨川人形刻み目雑掌

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木目込み人形の関連情報