コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣装/衣裳 イショウ

デジタル大辞泉の解説

い‐しょう〔‐シヤウ〕【衣装/衣×裳】

《上半身につける「衣(きぬ)」と下半身につける「裳(も)」の意から》着物。衣服。「馬子にも―」
儀式や祭りの場での、多く定式化された衣服。また、芸能で出演者のつける衣服。舞楽・能では、特に装束(しょうぞく)という。「花嫁―」「舞台―」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

宝塚用語辞典の解説

衣装

通常は、歌劇団の専属デザイナーと宝塚舞台の縫製スタッフによって製作。照明に映える色は、一番大切なポイント。舞台の立つ位置も計算して考えられる。踊りやすくする為に裏地シルクを使って滑りやすくしたり、早変わりしやすく、ボタンは見せかけで実際はマジックテープをたくさん使用したりと、舞台衣装ならではの工夫がいっぱい。

出典|宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」宝塚用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣装
いしょう

服装」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の衣装/衣裳の言及

【変装】より

…〉とある)。 また近年では文化人類学,民俗学,演劇学,国文学,歴史学等の分野で,人間文化のさまざまな局面にあらわれる,象徴的な衣装の変更という現象一般を指して,〈変装〉(あるいはほぼ同じ意味で〈仮装〉〈異装〉)と呼ぶことが普通に行われている。したがってここでは,〈変装〉という言葉自体がもつニュアンスと時代的な限定性から離れて,一般的かつ原理的に,しばしば歴史的にも重大な意味を担っている,一種の文化現象あるいは社会現象としての変装という行為について,以下考察を加えることとしたい。…

※「衣装/衣裳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衣装/衣裳の関連キーワードウェディング・ドレスコスチュームプレーウエディングドレスドレスリハーサルランウエーショーオートクチュール蔵衣装・蔵衣裳ワードローブバニーガールコスチュームアルタモーダ贅を尽くす人目を奪う度肝を抜く読者モデル仕出し衣装菓子箪笥舞台稽古衣装比べ絹やつし

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android