本間光弥(読み)ほんま みつや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間光弥 ほんま-みつや

1876-1929 明治-昭和時代前期の実業家。
明治9年9月26日生まれ。山形県酒田の大地主本間家8代。本立銀行頭取,信成合資社長をつとめ,地域産業の発展尽力。また光丘神社を創建し,光丘文庫を設立するなど社会事業にも貢献した。昭和4年7月31日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android