コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間家 ほんまけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本間家
ほんまけ

出羽国酒田の豪商戦国時代越前から移住した本間光重を初代とし,元禄期 (1688~1704) に発展。米,藍,紅花などを大坂に運び,帰り荷の精製品を売って土地を買い集め,千町歩地主と呼ばれ,藩政改革にも協力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本間家
ほんまけ

江戸期の豪商、昭和初期の日本一の大地主。山形県酒田に居住。先祖は戦国期とする説もあるが、後の本間家初代は本間久左衛門(きゅうざえもん)の一奉公人で、1689年(元禄2)分家独立した本間久四郎原光(はらみつ)であるとする説が有力。以後、光寿(みつとし)、光丘(みつおか)、光道(こうどう)、光暉(こうき)、光美(みつよし)、光輝(みつてる)、光弥(みつや)、光正、真子(まさこ)と嗣(つ)ぐ。2代光寿の代には酒田随一の豪商となり、宝暦(ほうれき)~天明(てんめい)年間(1751~89)の光丘時代には庄内(しょうない)藩、米沢(よねざわ)藩など諸藩の御用商人として活躍。維新期には巨額の基金を新政府へ拠出した。明治以後、倉庫業、金融業、地主経営の面で発展したが、第二次世界大戦後の農地改革で多くは解体した。[横山昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本間家の関連キーワード北海道増毛郡増毛町弁天町北海道増毛郡増毛町山形県酒田市二番町新潟県佐渡市吾潟本間 金之助本間 三郎本間金之助新穂[村]酒田(市)増毛(町)阿部 亀治本間 光輝酒田[市]酒田光丘彫本間美術館本間 光弥相馬哲平本間光輝本間光丘本間三郎

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本間家の関連情報