コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間家 ほんまけ

2件 の用語解説(本間家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本間家
ほんまけ

出羽国酒田の豪商。戦国時代に越前から移住した本間光重を初代とし,元禄期 (1688~1704) に発展。米,藍,紅花などを大坂に運び,帰り荷の精製品を売って土地を買い集め,千町歩地主と呼ばれ,藩政改革にも協力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本間家
ほんまけ

江戸期の豪商、昭和初期の日本一の大地主。山形県酒田に居住。先祖は戦国期とする説もあるが、後の本間家初代は本間久左衛門(きゅうざえもん)の一奉公人で、1689年(元禄2)分家独立した本間久四郎原光(はらみつ)であるとする説が有力。以後、光寿(みつとし)、光丘(みつおか)、光道(こうどう)、光暉(こうき)、光美(みつよし)、光輝(みつてる)、光弥(みつや)、光正、真子(まさこ)と嗣(つ)ぐ。2代光寿の代には酒田随一の豪商となり、宝暦(ほうれき)~天明(てんめい)年間(1751~89)の光丘時代には庄内(しょうない)藩、米沢(よねざわ)藩など諸藩の御用商人として活躍。維新期には巨額の基金を新政府へ拠出した。明治以後、倉庫業、金融業、地主経営の面で発展したが、第二次世界大戦後の農地改革で多くは解体した。[横山昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本間家の関連キーワード津田宗達出羽国天王寺屋戦国三好清海入道酒田[市]佐藤藤蔵曾根原六蔵出羽国一宮出羽国絵図

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本間家の関連情報