コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉立ち スギダチ

デジタル大辞泉の解説

すぎ‐だち【杉立ち】

両手と頭とを下につけてする逆立ち。
「宙返り、きばても―でもいたします」〈洒・客者評判記〉
長い竿(さお)にのぼり、足をひっかけて逆さになり、しばらくしてからだを1回転させて地面に降り立つこと。角兵衛獅子(かくべえじし)などがする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎだち【杉立ち】

両手を下に広げて、まっすぐに立つこと。棒立ち。 「葉山の膳ぜんを見下みおろして-に立つてゐる/多情多恨 紅葉
逆立ち。また、両手と頭を地につけた逆立ち。 「僕共の-したる足のうら天井へとどき/咄本・私可多咄」
越後獅子えちごじしなどがする軽業かるわざ。長い竿に登り、足を竿にひっかけてさかさにぶら下がり、身をひるがえして下りるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

杉立ちの関連キーワード多情多恨宙返り棒立ち逆立ち咄本両手

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android