コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村極め ムラギメ

2件 の用語解説(村極めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むら‐ぎめ【村極め】

室町後期から江戸時代、村民が協議してきめた規約。入会(いりあい)権水利権や、風俗取り締まりなど村内の秩序維持に関することなどが規定された。村定め。村おきて。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むらぎめ【村極め】

中世後期から近世にかけて、村内の農民が自ら決めた自治的な規約。入会地いりあいち・用水の利用、公事くじの負担などのほか、日常生活についても取り決められた。村定め。村掟むらおきて

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone