村雲絞(読み)むらくもしぼり

百科事典マイペディアの解説

村雲絞【むらくもしぼり】

雲形絞とも。絞染の一種。布全体に雲形模様を表すもので,巻上げ絞などと併用することもある。布地を筒形に縫い,棒にかぶせて適当にひだをとり,上下を木の輪で固定して,そのまま浸染する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android