杓子であてがう(読み)しゃくしであてがう

精選版 日本国語大辞典「杓子であてがう」の解説

しゃくし【杓子】 で あてがう

きまりきった取り扱いをする。
浮世草子西鶴織留(1694)三「しゃくしであてがはるる客とは違ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android