コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来と来 きとく

大辞林 第三版の解説

きとく【来と来】

遠い地を急いでやって来る。遠い所からせっせと来る。 「きときては川のぼりぢの水を浅み舟も我が身もなづむ今日かな/土左」
次々に来る。 「春ごとの花の盛りは我が宿にきとくる人の長居せぬなし/和泉式部集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

来と来の関連キーワード来る土左

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android