コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和泉式部集 いずみしきぶしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

いずみしきぶしゅう【和泉式部集】

歌集。和泉式部家集。正集,続集,宸翰(しんかん)本,松井本,雑種本の5類があり,その総称。すべて他撰である。このうち,正集は902首(本文研究の成果による),続集は647首を収録し,ともに数個の歌群から成る。正集・続集の間に70首の重複歌が存するほか,歌群相互間にも若干の重出歌がある。重複・重出する歌のうち,本文に異同のあるものが,それぞれ総数の8割にものぼる。正集・続集の名称は流布先後による仮称で,成立時期はむしろ続集が早く,《後拾遺集》奏覧以前にまず続集が成り,はるかに遅れて《千載集》撰進以後に正集が成ったものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和泉式部集
いずみしきぶしゅう

和泉式部の家集。『和泉式部正集』、『和泉式部続集』、宸翰(しんかん)本『和泉式部集』、松井本『和泉式部集』、雑種本『和泉式部集』の5種が知られている。902首からなる正集、647首の続集は、ともに雑纂(ざっさん)的な内容を有し、重出歌分布の状況などから、両集はもと一体であったものと想像される。その内部に、百首歌、題詠歌群、帥宮挽歌(そちのみやばんか)群、日次(ひなみ)詠歌群など、式部自撰(じせん)の痕跡(こんせき)をとどめる歌群を含みもってはいるが、全体としては他撰(たせん)の総収歌集とみられる。
 宸翰本、松井本はともに部立(ぶだて)組織を有する勅撰集などからの抜粋本であり、雑種本は、以上の4種いずれにも属さない、後人の撰になる伝本の総称である。質量ともに優れたこの集には、王朝期歌人の代表的私家集としての高い評価が与えられている。[平田喜信]
『清水文雄校訂『和泉式部歌集・和泉式部続集』(岩波文庫) ▽佐伯梅友・村上治・小松登美著『和泉式部集全釈』(1959・東宝書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和泉式部集の関連キーワード行き止まる・行き止る色ふ・彩ふ・艶ふ張り切る・張切る母子餅・母子餠浮き物・浮き者入り・這入り煙る・烟る暑る・熱る其ながら何しかは科戸の風雲居の空月の障り並み寄る音を泣く立つ波の水馴れ棹濡れ衣時過ぐ百千鳥

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android