コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和泉式部集 いずみしきぶしゅう

2件 の用語解説(和泉式部集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いずみしきぶしゅう【和泉式部集】

歌集。和泉式部の家集。正集,続集,宸翰(しんかん)本,松井本,雑種本の5類があり,その総称。すべて他撰である。このうち,正集は902首(本文研究の成果による),続集は647首を収録し,ともに数個の歌群から成る。正集・続集の間に70首の重複歌が存するほか,歌群相互間にも若干の重出歌がある。重複・重出する歌のうち,本文に異同のあるものが,それぞれ総数の8割にものぼる。正集・続集の名称は流布の先後による仮称で,成立時期はむしろ続集が早く,《後拾遺集》奏覧以前にまず続集が成り,はるかに遅れて《千載集》撰進以後に正集が成ったものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和泉式部集
いずみしきぶしゅう

和泉式部の家集。『和泉式部正集』、『和泉式部続集』、宸翰(しんかん)本『和泉式部集』、松井本『和泉式部集』、雑種本『和泉式部集』の5種が知られている。902首からなる正集、647首の続集は、ともに雑纂(ざっさん)的な内容を有し、重出歌分布の状況などから、両集はもと一体であったものと想像される。その内部に、百首歌、題詠歌群、帥宮挽歌(そちのみやばんか)群、日次(ひなみ)詠歌群など、式部自撰(じせん)の痕跡(こんせき)をとどめる歌群を含みもってはいるが、全体としては他撰(たせん)の総収歌集とみられる。
 宸翰本、松井本はともに部立(ぶだて)組織を有する勅撰集などからの抜粋本であり、雑種本は、以上の4種いずれにも属さない、後人の撰になる伝本の総称である。質量ともに優れたこの集には、王朝期歌人の代表的私家集としての高い評価が与えられている。[平田喜信]
『清水文雄校訂『和泉式部歌集・和泉式部続集』(岩波文庫) ▽佐伯梅友・村上治・小松登美著『和泉式部集全釈』(1959・東宝書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和泉式部集の関連キーワード和泉式部日記後拾遺和歌集宸翰千載和歌集紫式部日記式部東北五歌仙敦道親王少将井尼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone