コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来経 キフ

デジタル大辞泉の解説

き・ふ【来経】

[動ハ下二]年月が訪れては過ぎ去る。
「はねず色のうつろひ易き心あれば年をそ―・ふる言(こと)は絶えずて」〈・三〇七四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きふ【来経】

( 動下二 )
年月が経過してゆく。 「あらたまの年が-・ふれば/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

来経の関連キーワードおもな枕詞とかかり方智頭往来志戸坂峠越日豪閣僚委員会経済学(学問)コタ・キナバル日本経済新聞十三経注疏四声八病説計量政治学ガラス工芸新種保険有肩石斧そろばん資本論争咲き渡るあらたま三角測量息衝く経師屋日本犬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android