東寺揚げ(読み)とうじあげ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

とうじあげ【東寺揚げ】

ゆばを用いた揚げ物。乾燥ゆばを細かくくだいて衣にしたものや、ゆばで包んで揚げたものなどがある。◇東寺は教王護国寺の通称。東寺でゆばが作られたことから、ゆばを「東寺」ということがある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の東寺揚げの言及

【揚物】より

…道明寺揚げは白身の魚やエビなどを卵白にひたして道明寺粉をまぶす。そうめんを短く折って針状のころもにして揚げたものは千本揚げ,ひき茶そうめんを使ったものは松葉に見立てて松葉揚げ,湯葉を使ったものは東寺(とうじ)湯葉の名をかりて東寺揚げなどと呼ぶことが多い。 揚物のこつは,油をたっぷり使い,材料は少しずつ入れて,油の温度を一定に保つことである。…

※「東寺揚げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android