教王護国寺(読み)きょうおうごこくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教王護国寺
きょうおうごこくじ

京都市南区九条町にある真言宗寺院で,東寺派の大本山。延暦 15 (796) 年平安遷都のとき羅生門の東に創建され,西寺に対して東寺といい,また左大寺,左寺と称する。弘仁 14 (823) 年嵯峨天皇から空海に賜わり,真言密教の根本道場となって教王護国寺と号した。鎌倉時代に文覚が寺威の高揚をはかり,堂舎を修復。文明 18 (1486) 年の火災で堂塔など大部分を焼失したが,豊臣氏徳川氏の助力により再建。現存の建物は金堂講堂五重塔大師堂,蓮花門などで,多くは国宝建造物。なお講堂の密教諸尊像,その他『兜跋 (とばつ) 毘沙門天立像』『不動明王坐像』などの仏像彫刻,『真言七祖像』『両界曼荼羅図』『十二天像』『五大尊像』などの仏画,伝空海将来の密教法具類,『 犍陀穀糸袈裟』『海賦蒔絵袈裟箱』などの工芸品,空海の書 (→風信帖 ) など多数の国宝指定の美術工芸品,歴史的資料を収蔵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうおうごこく‐じ〔ケウワウゴコク‐〕【教王護国寺】

京都市南区九条町にある東寺真言宗総本山。正称は金光明四天王教王護国寺。山号八幡山院号は普賢総持院。平安遷都直後、平安京鎮護のため羅城門左に建立に着手した。弘仁14年(823)空海に勅賜され、密教道場となる。国宝の五大菩薩坐像・五大明王像など多数の文化財を所蔵。また、金堂・五重塔・太師堂・蓮花門も国宝。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。左寺。左大寺。東寺(とうじ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうおうごこくじ【教王護国寺】

京都市南区九条町にある単立宗教法人の寺。もと真言宗東寺派総本山。金光明四天王教王護国寺と号す。796年平安京鎮護のため、西寺とともに創建される。823年空海に勅賜され、真言密教の根本道場となる。金堂・五重塔などの国宝の建造物のほか、平安時代以来の貴重な文書・仏像・仏画などの文化財を有す。古来、東寺と呼ばれてきた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教王護国寺の言及

【東寺】より

…京都市南区九条町にある東寺真言宗の総本山。現在の宗教法人名は教王護国寺であるが,教王護国寺を正式名称,東寺を通称とするというのは明治以降のことで,特殊な場合を除いて,平安時代以来一貫して東寺という名称が用いられており,それが正式の名称であった。 創建の時期は明らかではないが,794年(延暦13)の平安奠都とともに,西寺に対して羅城門の東に建てられたものと考えられる。…

※「教王護国寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教王護国寺の関連情報