コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洲至道 とうしゅう しどう

1件 の用語解説(東洲至道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東洲至道 とうしゅう-しどう

?-? 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都東福寺の円爾(えんに)(1202-80)の弟子で,書にすぐれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の東洲至道の言及

【留学】より

…彼らは各地の名僧をたずねて,熱心に参禅修行をつみ,しかも,46年にわたって留学生活を送った竜山徳見を筆頭に,30余年の約庵徳久,24年の無涯仁浩,23年の椿庭海寿,22年の雪村友梅,21年の復庵宗己,古源邵元,古鏡明千,20年の無我省吾,17年の友山士偲,15年の大拙祖応などのように,きわめて長期間にわたって本格的に大陸禅を学んだものが多かった。その結果,留学僧たちのなかにはその業績を認められて,たとえば,北京に大覚寺を開いた東洲至道,長安の翠微寺に住した雪村友梅,洪州隆興府の兜率寺に住した竜山徳見,秀州嘉興府の円通寺に住した約庵徳久,鄞(ぎん)県の福昌寺に住した椿庭海寿,羅陽の三峰寺に住した大初啓原などのように,大陸の名刹の住持などの要職を勤めたものも少なくない。また,1327年(嘉暦2)に入元した古源邵元(しようげん)などは,五台山を巡拝し,達磨が開いた河南の嵩山少林寺などに赴いて,同寺や山東省の霊現寺にその撰になる碑文をつくるなど,多方面にわたって活躍した人々が多い。…

※「東洲至道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東洲至道の関連キーワード臨済禅雲屋慧輪雲山智越奇文禅才愚仁尼月峰了然見山崇喜深山正虎無絃徳韶霊巌道昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone