コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円爾 エンニ

デジタル大辞泉の解説

えんに〔ヱンニ〕【円爾】

[1202~1280]鎌倉中期の臨済宗の僧。駿河の人。京都・鎌倉で参禅し、入宋。帰国後、九州・京都で説法東福寺開山となる。勅諡号(ちょくしごう)、聖一(しょういち)国師を賜り、これが日本の国師号の最初。著「三教要略」。円爾弁円(えんにべんえん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円爾 えんに

1202-1280 鎌倉時代の僧。
建仁(けんにん)2年10月15日生まれ。臨済宗(りんざいしゅう)聖一派の祖。はじめ天台をまなび,のち臨済の釈円栄朝退耕行勇に師事。嘉禎(かてい)元年宋(そう)(中国)にわたり,無準師範の法をつぎ,仁治(にんじ)2年帰国。九条道家にまねかれ東福寺の開山となり,朝廷や北条時頼らの帰依(きえ)をうけた。弘安(こうあん)3年10月17日死去。79歳。駿河(するが)(静岡県)出身。法名は別に弁円(べんねん)。諡号(しごう)は聖一国師。語録に「聖一国師語録」「聖一国師仮名法語」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円爾
えんに
(1202―1280)

鎌倉中期の臨済(りんざい)宗の僧。姓は平氏。駿河(するが)(静岡県)の人。初め円爾房と称し、のち円爾を諱(いみな)とした。別に弁円ともいう。建仁(けんにん)2年10月15日に生まれる。5歳で久能山(くのうざん)尭弁(ぎょうべん)に師事し、以後天台教学を学び、18歳で園城寺(おんじょうじ)にて落髪、東大寺で受戒した。その後、上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺(ちょうらくじ)の栄朝(えいちょう)(1165―1247)、鎌倉寿福寺の退耕行勇(たいこうぎょうゆう)(1163―1241)の2師から禅旨(ぜんし)を受け、1235年(嘉禎1)神子栄尊(しんしえいそん)(1195―1273)と入宋(にっそう)する。癡絶道冲(ちぜつどうちゅう)(1169―1250)、笑翁妙堪(しょうおうみょうたん)(1176―1247)、石田法薫(せきでんほうくん)(1171―1245)などに歴参後、径山(きんざん)(浙江(せっこう)省)万寿寺の無準師範(ぶじゅんしはん)の法を嗣(つ)いで、1241年(仁治2)帰朝した。筑前(ちくぜん)(福岡県)崇福寺(そうふくじ)、承天寺(しょうてんじ)の2寺で禅宗を唱え、まもなく藤原(九条)道家の招きで上洛(じょうらく)、北条時頼(ほうじょうときより)の帰依(きえ)を受け、京と鎌倉を往復し、建長寺開山の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)とも交流があった。1255年(建長7)道家建立の東福寺開山となり、のち寿福寺、建仁寺に歴住し、1269年(文永6)東大寺大勧進(だいかんじん)となった。天皇、上皇をはじめ、東西の道俗の帰依を受け、禅法と宋学を説き、弘安(こうあん)3年10月示寂。聖一国師(しょういちこくし)の号を賜る。『聖一国師語録』『聖一国師法語』各1巻がある。無関普門(むかんふもん)、東山湛照(とうざんたんしょう)(1231―1291)、白雲慧暁(はくうんえぎょう)(1223―1298)、無住道暁(むじゅうどうぎょう)など、多くの弟子が五山禅林で活躍した。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

円爾 (えんに)

生年月日:1202年10月15日
鎌倉時代前期の臨済宗の僧
1280年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の円爾の言及

【弁円】より

…鎌倉中期の臨済宗の僧。字は円爾(えんに)。諡(おくりな)は聖一(しよういち)国師。…

※「円爾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

円爾の関連キーワード満田弥三右衛門東福寺文書円照(2)直翁智侃悟空敬念鎌倉時代神子栄尊痴兀大慧潜渓処謙双峰宗源無象静照南山士雲山叟慧雲蔵山順空白雲慧暁東山湛照東洲至道無外爾然生年月日東福寺派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円爾の関連情報