杵屋十三郎(読み)きねや じゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「杵屋十三郎」の解説

杵屋十三郎 きねや-じゅうざぶろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎囃子(はやし)方。
2代杵屋勘五郎の4男。幸流の(つづみ)をまなび,京都で庄左衛門に師事。大鼓小鼓の打ち合わせに新機軸をだして,「ちりから」と称する長唄囃子を創始したといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android