コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋十三郎 きねや じゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋十三郎 きねや-じゅうざぶろう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎囃子(はやし)方。
2代杵屋勘五郎の4男。幸流の鼓(つづみ)をまなび,京都で庄左衛門に師事大鼓小鼓の打ち合わせに新機軸をだして,「ちりから」と称する長唄囃子を創始したといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例