新機軸(読み)しんきじく

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐きじく ‥キヂク【新機軸】

〘名〙 今までのものとは全く変わった新しい工夫や計画。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「狂言作者に於ては其新機軸を発する近松門左衛門」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐きじく〔‐キヂク〕【新機軸】

それまでのものとは違った、新しい工夫ややり方。「新機軸を打ち出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新機軸の言及

【イノベーション】より

…本来の意味は新しい方法,仕組み,習慣などを導入することをいい,〈新機軸〉〈革新〉と訳される。すでに18世紀の産業革命に際し,ジョンソン博士は〈この時代は気ちがいのようにイノベーションを追い求めている〉と述べた。…

※「新機軸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android