コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松ヶ谷古墳 まつがたにこふん

1件 の用語解説(松ヶ谷古墳の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

松ヶ谷古墳

 奈美地区の小高い丘の上にある古墳時代箱式石棺墓[はこしきせっかんぼ]です。大正時代の終わりごろに開けられ、中には頭がい骨や骨の粉があったと言われています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松ヶ谷古墳の関連キーワード古墳時代小高い高床クリフォーズタワーサムイル要塞スコピエ城塞聖ユーリ教会プトゥイ城中浦瀬の上古墳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone