コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱式石棺墓 はこしきせっかんぼ

1件 の用語解説(箱式石棺墓の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

箱式石棺墓

 弥生時代から古墳時代にかけて見られる埋葬の方法です。地面に掘った穴に箱型に石で囲いを作り、上から石でふたをしたものです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箱式石棺墓の関連キーワード貝輪続縄文文化巴形銅器内行花文鏡鋸歯文小玉箱式石棺百穴貯蔵穴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone