ごろ

精選版 日本国語大辞典「ごろ」の解説

ごろ

〘名〙
① 「ごろつき(二)」の略。
※大つごもり(1894)〈樋口一葉〉下「夜中に車を飛ばして車町の破落戸(ゴロ)がもとをたたき起し」
② (「おしごろ(唖五郎)」の略) 口の利けない人。
※雑俳・軽口頓作(1709)「どこにおれがにせごろじゃ」
③ 喧嘩(けんか)
※洒落本・潮来婦誌(1829‐30)後「『今がた、ごろ(〈注〉ケンクヮ)があった』『ハアすんだか』」
④ 近世上方語で、計画・陰謀などが露見すること。
※新撰大阪詞大全(1841)「ごろとは、たくみをつぶさるること」

ごろ

〘名〙 チチブウキゴリヨシノボリなどハゼ科の魚の異名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ごろ」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android