コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原右仲 まつばら うちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原右仲 まつばら-うちゅう

?-? 江戸時代後期の儒者。
備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩儒。蘭学にも通じ,寛政年間(1789-1801)から銅版画を手がける。文化年間の初めロシア文字のはいった「万国輿地(よち)全図」をつくった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松原右仲

生年:生没年不詳
江戸後期の儒学者。備中国(岡山県)松山藩の藩儒。器用かつ多才で画を善くし,オルレリイ(太陽系儀)を製作するなど蘭学にも通じた。前野良沢 に師事。司馬江漢と同様に寛政年間(1789~1801)から銅版を製したとされる。銅版遺作は「羊飼」の絵と,「万国輿地全図」と称するロシア文字および国字訳地名の入った東西両半球世界図(文化期初期に作製)。また文化4(1807)年に大槻玄沢が編纂した『環海異聞』(仙台のロシア帰還漂流民の海外見聞録を学術的に編集)の115の挿絵を担当し,仙台藩から謝礼を受けた。<参考文献>岡村千曳『紅毛文化史話』

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松原右仲の関連キーワード儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android