岡山県(読み)おかやま

  • おかやまけん をかやま‥
  • おかやまけん〔をかやま〕
  • 岡山〔県〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面積 7114.5km2(境界未定)。
人口 192万1525(2015)。
年降水量 1105.9mm (岡山市) 。
年平均気温 16.2℃ (岡山市) 。
県庁所在地 岡山市
県木 アカマツ
県花 モモ
県鳥 キジ

中国地方南東部,瀬戸内海に面する県。北部は中国山地,中部は吉備高原,南部は岡山平野となり,それらを縦断して吉井川旭川高梁 (たかはし) 川などが南流する。南端に児島半島が突出し,瀬戸内海に大小の島々が点在する。気候は瀬戸内気候で南部は温暖,雨が少く,北部山地は気温の年較差が大きい。奈良時代以前は広島県東部の備後国とともに吉備と総称され,山陽道の中心的位置を占めていたが,奈良時代に備前備中美作 (みまさか) に分れた。近世には備前は池田氏 31万 5000石の所領として繁栄した。廃藩置県で備前は岡山県,備中は備後の一部とともに小田県,美作は北条県となり,1875~76年に合併すると同時に備後を分離して現在の岡山県となる。かつては繊維工業を主としたが,1955年以降,倉敷 (水島) 地区に臨海工業地域が造成され,石油化学,鉄鋼,機械工業が発展している。岡山平野の北部は果樹園芸が盛んで,モモやブドウを多く産し,特にガラス温室栽培のマスカットが知られる。南部の児島湾干拓地は日本の機械化農業の発祥の地として有名。地下資源では新見付近の石灰岩,三石のろう石,人形峠のウラン鉱などがある。海岸部一帯は瀬戸内海国立公園,北部の山地は大山 (だいせん) 隠岐国立公園氷ノ山後山那岐山国定公園に属し,そのほかに岡山市の後楽園,倉敷市の大原美術館など観光資源も多い。 78年北部に中国縦貫自動車道が通じ,88年瀬戸大橋が開通,同年岡山新空港が開港。 93年山陽自動車道,97年には瀬戸大橋経由で日本海側と結ぶ岡山自動車道が開通した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

中国地方南東部に位置する県。北部は山陰地方と接し、南部は瀬戸内海に面する。中国・四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にある。気候は、「晴れの国岡山」のキャッチフレーズで知られるように、晴天の日が多く降水量の少ない温暖な気候。農業・繊維工業が盛ん。県花は、ももの花。県木は、あかまつ。県鳥は、きじ。

[岡山県のブランド・名産品]
烏城紬 | 岡山ニューピオーネ | 岡山の牡蠣 | 岡山白桃 | 雄町米 | 勝山竹細工 | がま細工 | 黄にら | 衣川なす | 吉備団子 | 倉敷児島のジーンズ | 倉敷はりこ | 黒大豆 | 郷原漆器 | スイートピー | 千両なす | 高田硯 | 千屋牛 | 津山ねり天神 | 津山箔合紙 | 手織り作州絣 | 撫川うちわ | 備前焼 | 備中和紙 | 蒜山ジャージー牛乳 | マスカット・オブ・アレキサンドリア | 万善かぶら | 虫明焼 | 桃太郎トマト

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中国地方南東部の県。備前・備中・美作(みまさか)の三国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県後、岡山県(備前)・北条県(美作)・小田県(備中と備後東部)の三県となる。同八年に小田県、同九年に北条県を合併、同時に備後東部は広島に編入されて現在の県域が定まる。県庁所在地は岡山市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県の関連情報