コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県 おかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡山〔県〕
おかやま

面積 7114.5km2(境界未定)。
人口 192万1525(2015)。
年降水量 1105.9mm (岡山市) 。
年平均気温 16.2℃ (岡山市) 。
県庁所在地 岡山市
県木 アカマツ
県花 モモ
県鳥 キジ

中国地方南東部,瀬戸内海に面する県。北部は中国山地,中部は吉備高原,南部は岡山平野となり,それらを縦断して吉井川旭川高梁 (たかはし) 川などが南流する。南端に児島半島が突出し,瀬戸内海に大小の島々が点在する。気候は瀬戸内気候で南部は温暖,雨が少く,北部山地は気温の年較差が大きい。奈良時代以前は広島県東部の備後国とともに吉備と総称され,山陽道の中心的位置を占めていたが,奈良時代に備前,備中,美作 (みまさか) に分れた。近世には備前は池田氏 31万 5000石の所領として繁栄した。廃藩置県で備前は岡山県,備中は備後の一部とともに小田県,美作は北条県となり,1875~76年に合併すると同時に備後を分離して現在の岡山県となる。かつては繊維工業を主としたが,1955年以降,倉敷 (水島) 地区に臨海工業地域が造成され,石油化学,鉄鋼,機械工業が発展している。岡山平野の北部は果樹園芸が盛んで,モモやブドウを多く産し,特にガラス温室栽培のマスカットが知られる。南部の児島湾干拓地は日本の機械化農業の発祥の地として有名。地下資源では新見付近の石灰岩,三石のろう石,人形峠のウラン鉱などがある。海岸部一帯は瀬戸内海国立公園,北部の山地は大山 (だいせん) 隠岐国立公園氷ノ山後山那岐山国定公園に属し,そのほかに岡山市の後楽園,倉敷市の大原美術館など観光資源も多い。 78年北部に中国縦貫自動車道が通じ,88年瀬戸大橋が開通,同年岡山新空港が開港。 93年山陽自動車道,97年には瀬戸大橋経由で日本海側と結ぶ岡山自動車道が開通した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おかやま‐けん〔をかやま‐〕【岡山県】

岡山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕岡山〈県〉(おかやま〈けん〉)


中国地方南東部に位置する県。
東は兵庫県、西は広島県、北は鳥取県と接する。南は瀬戸内海を隔てて四国に対する。県域は北から中国山地・吉備(きび)高原・岡山平野に大別される。農業県だったが、第二次世界大戦前の軽工業から戦後は重化学工業も発展し、瀬戸内(せとうち)工業地帯東部の中核を形成した。山陽新幹線・中国縦貫自動車道・山陽自動車道が通じ、中国地方第2の都市である岡山市は同地方の交通・物流の要衝ともなっている。人口193万1586。面積7113.23km2。人口密度271.55人/km2。管轄市町村は15市10町2村。県庁所在地は岡山市。県花はモモ。
歴史を見ると、縄文時代・弥生時代から肥沃(ひよく)な土壌を背景に文化が開けた。奈良時代、吉備(きびの)国は備前(びぜん)・備中(びっちゅう)・備後(びんご)の3国に分けられ、713年(和銅(わどう)6)に備前国北部に美作(みまさか)国が成立した。中世には赤松・細川・山名の各守護勢力が拮抗(きっこう)対立した。戦国時代末期には備前と美作は宇喜多(うきた)氏、備中は毛利(もうり)氏が支配。江戸時代、備前は池田(いけだ)氏が入封し、美作は3つに分割され、備中は小藩領・幕府直轄領に分かれるなど複雑な支配を受けた。児島(こじま)湾沿岸では新田開発、瀬戸内海沿岸は製塩、内陸部では砂鉄・銅・タバコなどの特産物が形成されるなど産業が発展。文化面では岡山藩の閑谷(しずたに)学校、津山藩の修道館などの藩校が創設された。1871年(明治4)の廃藩置県では7月に岡山県・高梁(たかはし)県など14県が設置されるが、11月、備前は岡山県、備中は深津(ふかつ)県(のち小田(おだ)県)、美作は北条(ほうじょう)県と3県に統合。のち数度の再編を経て、現在の県域となる。
地勢を見ると、北部の鳥取県境には中国山地が東西に延び、北西部に大山(だいせん)火山群に属する蒜山(ひるぜん)3座が噴出。中国山地の南斜面に吉井(よしい)川・旭(あさひ)川・高梁川が源を発し、吉備高原を刻んで南流する。中国山地と吉備高原の間には津山盆地ほか小盆地が列状に続く。瀬戸内海沿岸は各河川の旺盛(おうせい)な沖積作用と、近世以降の児島湾をはじめとする干拓事業で、広大な沖積平野が現出した。気候は、典型的な瀬戸内式気候を示し、瀬戸内海沿岸から北に遠ざかるにつれ内陸性気候に変わり、北部の中国山地では冬季の積雪も多い。
産業は、農業では、岡山平野と吉備高原から津山盆地周辺は古くから稲作が盛んで、酒米用の雄町(おまち)米など良質米の産地として知られた。イグサは、近年栽培面積が激減し、野菜栽培などに転換。岡山平野周辺の丘陵地はハクトウ・マスカット・ピオーネなど温室栽培による果樹の高級品種を産する。吉備高原から中国山地にかけては和牛飼育と葉タバコ栽培から酪農・野菜栽培への転換が進む。漁業は、浅海でのカキ養殖が広島県・宮城県に次ぐ全国第3位の生産量で、ノリ養殖も盛ん。工業は、第二次世界大戦中から現在の倉敷(くらしき)市の水島(みずしま)地区で航空機製造が始まり、戦後は製鉄・石油化学などの大型装置産業が進出し、瀬戸内工業地帯の一中枢をなす。玉野(たまの)市・岡山市南部・備前市などは水島地区を中核とした岡山県南新産業都市区域を形成する。津山市周辺などにも電機・機械工場などが進出。井原(いばら)市や倉敷市の児島地区は江戸時代から綿織物中心の機業地で、現在はジーンズ生地の製造・縫製が盛ん。
観光では、沿岸や備讃瀬戸(びさんせと)の島々は瀬戸内海国立公園の景勝地で、倉敷市下津井(しもつい)地区の鷲羽(わしゅう)山はその展望で名高く、1988年(昭和63)の本州四国連絡橋児島―坂出ルートの開通によって内海屈指の観光地となった。倉敷市中心部は白壁造りの蔵屋敷の景観と大原(おおはら)美術館・倉敷民芸館などの人気が高い。また、岡山市の後楽園(こうらくえん)、古代吉備の中心地で造山(つくりやま)古墳(岡山市)・作山(つくりやま)古墳(総社(そうじゃ)市)ほか多くの史跡を擁する吉備路、備前焼で知られる備前市伊部(いんべ)地区などがある。県北部は大山隠岐(だいせんおき)国立公園、北東部の山々は氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園に指定されている。津山市・高梁市の中心部は城下町の景観をよく保存する。国の重要無形民俗文化財に指定されている備中神楽(かぐら)や大宮踊(おおみやおどり)・白石踊の盆踊り行事があるほか、岡山市内で8月ごろに開催されるおかやま桃太郎まつりは有名。
英田郡
赤磐市
浅口郡
浅口市
井原市
岡山市
小田郡
加賀郡
笠岡市
勝田郡
久米郡
倉敷市
瀬戸内市
総社市
高梁市
玉野市
都窪郡
津山市
苫田郡
新見市
備前市
真庭郡
真庭市
美作市
和気郡

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

岡山県

中国地方南東部に位置する県。北部は山陰地方と接し、南部は瀬戸内海に面する。中国・四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にある。気候は、「晴れの国岡山」のキャッチフレーズで知られるように、晴天の日が多く降水量の少ない温暖な気候。農業・繊維工業が盛ん。県花は、ももの花。県木は、あかまつ。県鳥は、きじ。

[岡山県のブランド・名産品]
烏城紬 | 岡山ニューピオーネ | 岡山の牡蠣 | 岡山白桃 | 雄町米 | 勝山竹細工 | がま細工 | 黄にら | 衣川なす | 吉備団子 | 倉敷児島のジーンズ | 倉敷はりこ | 黒大豆 | 郷原漆器 | スイートピー | 千両なす | 高田硯 | 千屋牛 | 津山ねり天神 | 津山箔合紙 | 手織り作州絣 | 撫川うちわ | 備前焼 | 備中和紙 | 蒜山ジャージー牛乳 | マスカット・オブ・アレキサンドリア | 万善かぶら | 虫明焼 | 桃太郎トマト

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

岡山県の関連キーワード岡山県立岡山東商業高等学校岡山県立倉敷工業高等学校岡山県高梁市有漢町上有漢岡山県産桃太郎トマトの日岡山県高梁市宇治町宇治岡山県岡山市北区西花尻岡山県高梁市宇治町穴田岡山県倉敷市倉敷ハイツ岡山県高梁市有漢町有漢KANKOスタジアム岡山県津山市久米川南岡山県美作市英田青野岡山県美作市芦河内岡山県井原市岩倉町岡山県美作市岩見田岡山県倉敷市石見町岡山県津山市上之町岡山県備前市麻宇那岡山県真庭市岩井谷岡山県高梁市間之町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県の関連情報