備中(読み)びっちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備中
びっちゅう

岡山県西部,吉備高原上の地区。旧町名。 1956年富家 (ふうか) ,平川 (ひらかわ) ,湯野 (ゆの) の3村が合体して町制。町名は旧国名 (備中) による。 2004年 10月,旧高梁市,有漢町,成羽町,川上町と合併し,新市高梁市が発足。地区の中央を成羽川が東流,新成羽川ダム,田原ダムがあり,工業用水を水島臨海工業地域に供給する。タバコ,コンニャク,トマト,ブドウを産し,養豚も行なわれる。備中ウルシは国内でも屈指の高品質を誇る。笠神の文字岩 (史跡) は鎌倉時代の成羽川水運を示す記念碑的存在だったが,1969年新成羽川ダムの建設によって水没。南部に磐窟谷 (いわやだに。名勝) がある。地区の一部は高梁川上流県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備中
びっちゅう

岡山県西部、川上(かわかみ)郡にあった旧町名(備中町(ちょう))。現在は高梁(たかはし)市の一地区。1956年(昭和31)湯野(ゆの)、平川(ひらかわ)、富家(ふうか)の3村が合併して成立。2004年(平成16)高梁市、有漢(うかん)町、成羽(なりわ)町、川上町と合併、高梁市となる。旧町域は、吉備(きび)高原にあり、高原を下刻する高梁川水系成羽川とその支流布勢川が急斜面を形成している。西は広島県に接し、JR伯備(はくび)線備中高梁駅からバスがある。中心集落は成羽川谷底の黒鳥(くろとり)で、1853年(嘉永6)以後陣屋が置かれた地。高原面の農業が主産業で、伝統的なタバコ、コンニャクイモなど工芸作物のほか、トマトの高冷地栽培や畜産も行われている。伝統的な特産品として漆工芸が知られ、漆加工伝承センターがつくられている。成羽川には中国電力新成羽川ダム、同発電所がある。磐窟(いわや)川の峡谷磐窟谷(いわやだに)は国指定名勝。成羽川沿いの舟運開削の碑で国指定史跡の「笠神(かさがみ)の文字岩」は、1969年新成羽川ダムの建設により水没したが、複製品が展示されている。備中神楽(かぐら)は国指定重要無形民俗文化財。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

びっちゅう【備中】

[1] 山陽道八か国の一国。古くは吉備国の一部。大化改新後に備前・備中・備後の三か国に分割されて成立。鎌倉時代は土肥・北条氏が、室町時代は細川氏が守護。戦国時代は尼子・宇喜多氏などの勢力が台頭し、のち、毛利氏の勢力下に置かれた。江戸時代は小藩が分立、明治四年(一八七一)の廃藩置県後、深津・小田県を経て、同八年岡山県西部を形成。びちゅう。
[2] 〘名〙 「びっちゅうがみ(備中紙)」の略。〔文芸類纂(1878)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

備中の関連情報