コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林寺五層塼塔 しょうりんじごそうせんとうSongrim-sa och'ǔng chǒnt'ap

1件 の用語解説(松林寺五層塼塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松林寺五層塼塔
しょうりんじごそうせんとう
Songrim-sa och'ǔng chǒnt'ap

韓国,慶尚北道漆谷郡東明面松林寺の新羅時代の五層 塼塔 (煉瓦造の塔) 。塔は創建以来幾度か修復され,1959年の解体修理の際には各種の遺物が発見された。特に金銅方形舎利容器は新羅の工芸遺品として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone