コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林寺五層塼塔 しょうりんじごそうせんとう Songrim-sa och'ǔng chǒnt'ap

1件 の用語解説(松林寺五層塼塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松林寺五層塼塔
しょうりんじごそうせんとう
Songrim-sa och'ǔng chǒnt'ap

韓国,慶尚北道漆谷郡東明面松林寺の新羅時代の五層 塼塔 (煉瓦造の塔) 。塔は創建以来幾度か修復され,1959年の解体修理の際には各種の遺物が発見された。特に金銅方形舎利容器は新羅の工芸遺品として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松林寺五層塼塔の関連キーワード慶尚北道仏国寺大邱慶州民俗工芸村五稜芬皇寺址鮑石亭址秋風嶺感恩寺址慶尚道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone