コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塼塔/甎塔 セントウ

2件 の用語解説(塼塔/甎塔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐とう〔‐タフ〕【×塼塔/×甎塔】

塼(煉瓦(れんが))で築いた仏塔。インド・中国・朝鮮半島などにみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の塼塔/甎塔の言及

【塔】より

…南北朝時代の文献の記述や石窟の表現によると,当時主流をなしたのは楼閣式の木塔で,とりわけ北魏洛陽の永寧寺九重塔(永寧寺塔)は史上に名高い。隋・唐時代には木塔のほか,塼塔も数多く建設され,方形が主流を占めたらしく,また南北朝には出現した密檐式塼塔もしだいにかなり普遍化した。現存する塔のうち最古の遺構は,塼造では12角15層密檐式の嵩岳寺(すうがくじ)塔(河南省登封。…

※「塼塔/甎塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone