コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松王健児 まつおうこんでい

2件 の用語解説(松王健児の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松王健児 まつおうこんでい

平安時代後期の伝承上の少年。
松王児童(こでい),松王丸ともいう。応保元年(1161)平清盛の兵庫港築島(つきしま)(経ケ島)造成のとき,竜神をしずめるための人柱となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松王健児

平清盛の兵庫港築島(または経が島,神戸市兵庫区島上)造成に当たって,海の竜神をなだめ鎮めるため人柱となった伝説上の若者。応保1(1161)年清盛は,造成を妨害する竜神をなだめるためには30人の人柱が必要だとの卦にしたがい,関所を設けて往来の人を捕らえたが,松王健児は自らすすんで30人の身代わりとなって入水し,その心に竜神も感応したのか,ようやく島が完成する。同市にある来迎寺にはその冥福を祈って建てられたという五輪塔が現存する。<参考文献>『摂津名所図会』,柳田国男「松王健児の物語」(『民族』1927年1月号)

(小松和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松王健児の関連キーワード生田神戸祇王神戸市福原神戸市外国語大学神戸商科大学大輪田の泊兵庫平清邦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone