松王健児(読み)まつおうこんでい

朝日日本歴史人物事典の解説

松王健児

平清盛の兵庫港築島(または経が島,神戸市兵庫区島上)造成に当たって,海の竜神をなだめ鎮めるため人柱となった伝説上の若者。応保1(1161)年清盛は,造成を妨害する竜神をなだめるためには30人の人柱が必要だとの卦にしたがい,関所を設けて往来の人を捕らえたが,松王健児は自らすすんで30人の身代わりとなって入水し,その心に竜神も感応したのか,ようやく島が完成する。同市にある来迎寺にはその冥福を祈って建てられたという五輪塔が現存する。<参考文献>『摂津名所図会』,柳田国男「松王健児の物語」(『民族』1927年1月号)

(小松和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android