コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松王丸 マツオウマル

大辞林 第三版の解説

まつおうまる【松王丸】

浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」に登場する三つ子の兄弟の一人。藤原時平に仕え梅王や桜丸に敵視されるが、道真の子菅秀才の命を救うため、一子小太郎を身替わりに立てて道真への恩を報ずる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

松王丸の関連キーワード片岡 仁左衛門(13代目)尾上 菊五郎(6代目)松本 幸四郎(7代目)松本幸四郎(5代)歌舞伎(演劇)松本幸四郎尾上菊五郎車引・車曳市河興仙斯波義廉満良親王高知城跡斯波義敏松王健児白太夫三つ子菅丞相病鉢巻寺子屋高知城

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松王丸の関連情報