松王丸(読み)マツオウマル

大辞林 第三版の解説

まつおうまる【松王丸】

浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」に登場する三つ子の兄弟の一人。藤原時平に仕え梅王や桜丸に敵視されるが、道真の子菅秀才の命を救うため、一子小太郎を身替わりに立てて道真への恩を報ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつおうまる まつワウまる【松王丸】

浄瑠璃「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」の登場人物。三つ子の兄弟、梅王丸の弟、桜丸の兄。藤原時平(しへい)に仕える舎人(とねり)であるが、菅丞相の子秀才を救うために我が子小太郎を身代わりにたてる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android