枘穴(読み)ホゾアナ

  • ×枘穴/×枘▽孔

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 枘をさしこむ穴。木材などをつぎ合わせるために、一方の材に設けた穴。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の枘穴の言及

【枘】より

…木材や石材などの2部材を接合あるいは組み合わせる継手・仕口(しぐち)において,片方の材の端に造り出した突起をいい,これを差し込むため他材に彫った穴を枘穴という。枘を2材のどちらにも造らず,2材の枘穴に別木を植え込むものは雇枘(やといほぞ)である。…

※「枘穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android