コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

架線電流計 カセンデンリュウケイ

デジタル大辞泉の解説

かせん‐でんりゅうけい〔‐デンリウケイ〕【架線電流計】

電流計の一種。電流による磁界を測ることで間接的に電流を計測する。電気回路に直接触れる必要がないため、大電流の測定を安全に行うことができる。クランプメーター

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の架線電流計の言及

【電流計】より

…分流器または変流器をつけることにより,メーターの測定範囲を超えて使用することができる(図)。交流大電流の測定には,変流器の一部を開放した架線電流計,挿入時に鉄心が開き,測定時に磁路の閉じるフック型変流器を使用した電流計がある。交流用には可動鉄片型のほかに熱電型,整流型がある。…

※「架線電流計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

架線電流計の関連キーワード電流計

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android