柴田 家門(読み)シバタ カモン

20世紀日本人名事典の解説

柴田 家門
シバタ カモン

江戸時代末期〜大正期の政治家,官僚 文相;貴院議員(勅選);内閣書記官長。



生年
文久2年12月18日(1863年)

没年
大正8(1919)年8月25日

出生地
長門国萩(山口県萩市)

別名
号=岑堂

学歴〔年〕
帝大法科大学(現・東大法学部)〔明治23年〕卒

経歴
内閣書記官、法制局参事官などを経て、明治31年内務省地方局長、34〜39年第1次桂太郎内閣の書記官長。36年勅選貴院議員。41年第2次桂内閣の書記官長。拓殖局総裁を経て、大正元年第3次桂内閣の文相。2年勅選貴院議員。防長教育会、防長倶楽部などにも尽力。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

柴田 家門
シバタ カモン


肩書
文相,貴院議員(勅選),内閣書記官長

別名
号=岑堂

生年月日
文久2年12月18日(1863年)

出生地
長門国萩(山口県萩市)

学歴
帝大法科大学(現・東大法学部)〔明治23年〕卒

経歴
内閣書記官、法制局参事官などを経て、明治31年内務省地方局長、34〜39年第1次桂太郎内閣の書記官長。36年勅選貴院議員。41年第2次桂内閣の書記官長。拓殖局総裁を経て、大正元年第3次桂内閣の文相。2年勅選貴院議員。防長教育会、防長倶楽部などにも尽力。

没年月日
大正8年8月25日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android