コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃木三鷹(さんたか)

1件 の用語解説(栃木三鷹(さんたか)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

栃木三鷹(さんたか)

栃木県で生産されるトウガラシ。果実は長さは5cmほど、肩幅約1cmほどの大きさで、色は深紅。1955年頃に、同県大田原市の吉岡源四郎氏が八房系品種から分離し育成した品種から、各地に栽培が広まったもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栃木三鷹(さんたか)の関連キーワード島唐辛子甘とう美人大田原トウガラシ島とうがらし田中とうがらし内藤唐辛子ひもとうがらし弘前在来トウガラシ伏見とうがらし紫とうがらし

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone