コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核仮説 かくかせつKern hypothesis

岩石学辞典の解説

核仮説

マグマの液体での分化作用は,特定の基本的(radical)な分子核(Kern)の形成によって決定されるという仮説で,これによってマグマが(1) フォイヤ岩質(foyaitic),(2) 花崗岩質(granitic),(3) 花崗閃緑岩質(granodioritic),(4) 斑粉岩質(gabbroidal),(5) 橄欖岩質(peridotitic),(6) セラル岩(theralitic)という進化が予想される[Rosenbusch : 1890].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

核仮説の関連キーワードマグマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android