コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根浅ければ則ち末短く本傷るれば則ち枝枯る ネアサケレバスナワチスエミジカクモトヤブルレバスナワチエダカル

1件 の用語解説(根浅ければ則ち末短く本傷るれば則ち枝枯るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

根(ね)浅ければ則(すなわ)ち末短く本(もと)傷(やぶ)るれば則ち枝枯(か)る

《「淮南子(えなんじ)」繆称訓から》根元が深くしっかりしていなければ枝葉もよく伸びず、幹が傷んでいると枝葉も枯れる。基礎がしっかりしていないものは伸びがなく、すぐだめになるということ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone