コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根浅ければ則ち末短く本傷るれば則ち枝枯る ネアサケレバスナワチスエミジカクモトヤブルレバスナワチエダカル

デジタル大辞泉の解説

根(ね)浅ければ則(すなわ)ち末短く本(もと)傷(やぶ)るれば則ち枝枯(か)る

《「淮南子(えなんじ)」繆称訓から》根元が深くしっかりしていなければ枝葉もよく伸びず、幹が傷んでいると枝葉も枯れる。基礎がしっかりしていないものは伸びがなく、すぐだめになるということ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

根浅ければ則ち末短く本傷るれば則ち枝枯るの関連キーワード淮南子

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android