コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格縁 ゴウブチ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐ぶち〔ガウ‐〕【格縁】

格天井(ごうてんじょう)の格間(ごうま)を仕切る木材。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうぶち【格縁】

格天井ごうてんじようの各区画(格間ごうま)を構成する縦横に組んだ角材。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の格縁の言及

【天井】より

…10cm角の細かい格子を組んだ天井である。格天井,小組格天井は平安末期から現れ,前者は1m角くらいに格縁(ごうぶち)と呼ばれる太い格子を組んだもの,後者は格縁の間にさらに小さい格子を組み入れたものである。棹縁という細長い棒を平行に渡し,その上に薄い板を羽重ねにならべたものを棹縁天井という。…

※「格縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

格縁の関連キーワード逃げ穴・逃穴亀の尾格天井鏡天井鏡板縦横格板角材

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android