コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜児 さくらこ

1件 の用語解説(桜児の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜児 さくらこ

万葉集」にみえる伝説上の女性。
ふたりの男性に同時に結婚をもうしこまれたが,求婚者同士があらそう姿をみてかなしみ,林にはいって首をくくった。ふたりの男性はその死をいたみ,1首ずつ歌をよんだという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の桜児の言及

【伝説歌】より

…《万葉集》にみえる一群の歌の通称。《万葉集》巻十六の桜児(さくらご)伝説の歌などそれ自体が伝説の一部である歌と,歌人が伝説に触れて発した詠懐の歌との二つのタイプがあるが,両者は区別して考える必要がある。万葉歌人の中でも高橋虫麻呂の伝説詠懐歌4編(水江浦島子(みずのえのうらのしまこ)(浦島太郎),上総末珠名(かみつふさのすえのたまな),勝鹿真間娘子(かつしかのままおとめ)(真間手児名(てこな)),菟原処女(うないおとめ)の伝説。…

※「桜児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桜児の関連キーワード万葉集註釈愚公万葉集抄安都扉娘子太徳太理播磨娘子土形娘子常陸娘子日置少老安見児

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜児の関連情報