男性(読み)だんせい

精選版 日本国語大辞典 「男性」の意味・読み・例文・類語

だん‐せい【男性】

〘名〙
① 男としての生まれつき。男の気質
※博物学階悌(1877)〈中川重麗訳〉「心蕋は花の女性、鬚蕋は花の男性なり故に雌蕋、雄蕋の名あり」
② おとこ。男子。一般には成年に達した男をいう。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一八「君の恋は物を透して働く力のある男性(ダンセイ)の者とも思へない」
③ インド‐ヨーロッパ語系の諸言語やセム系の諸言語の文法で、名詞の性の区別の一つ。中性・女性に対していう。→ジェンダー。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「男性」の意味・読み・例文・類語

だん‐せい【男性】

おとこ。男子。一般に成年の男子をいう。⇔女性
インド‐ヨーロッパ語系の文法で、名詞・代名詞形容詞などの性の区別の一。女性・中性に対する。
[類語]男子男児野郎おのこ壮丁そうてい壮夫ますらお丈夫じょうふ紳士殿方ジェントルマン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android