コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅沢墨水 うめざわ ぼくすい

美術人名辞典の解説

梅沢墨水

俳人。静岡県生。本名喜代太郎。「俳句二葉集」の頃から日本派俳人で秋声会にも出入りをして、日本スレート会社支店長として実業界で活躍する傍ら「大阪朝報」の俳句欄の選者を担当し、関西俳壇の重鎮として奮った。遺著に『墨水句集』がある。大正3年(1914)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

梅沢墨水の関連キーワード山本 梅史

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android