経歴(読み)ケイレキ

デジタル大辞泉の解説

けい‐れき【経歴】

[名](スル)
今まで経験してきた仕事・身分・地位・学業などの事柄。履歴。「経歴を偽る」
実際に見聞きしたり体験したりすること。経験。
「凡(およ)そ前日来―した事を問われる儘(まま)に、はっきり答えた」〈鴎外・最後の一句〉
年月を経ること。年月の過ぎ去ること。「百余歳の星霜を経歴す」
ある地域内をめぐり歩くこと。
「山河を―し又南費府に至る」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいれき【経歴】

( 名 ) スル
その時までにしてきた事柄。特に、学業・職業・地位などに関する事柄。履歴。 「 -を偽る」
実際に見聞すること。体験すること。 「己が-せし阿善アテネ国難の有様と回復の顚末とを物語りなどして/経国美談 竜渓
歳月が過ぎて行くこと。 「自己おのれが終身に-したる日数を/月世界旅行
めぐり歩くこと。 「世界の文明国を-すべし/新聞雑誌 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経歴の関連情報