経歴(読み)ケイレキ

デジタル大辞泉の解説

けい‐れき【経歴】

[名](スル)
今まで経験してきた仕事・身分・地位・学業などの事柄。履歴。「経歴を偽る」
実際に見聞きしたり体験したりすること。経験。
「凡(およ)そ前日来―した事を問われる儘(まま)に、はっきり答えた」〈鴎外・最後の一句〉
年月を経ること。年月の過ぎ去ること。「百余歳の星霜を経歴す」
ある地域内をめぐり歩くこと。
「山河を―し又南費府に至る」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいれき【経歴】

( 名 ) スル
その時までにしてきた事柄。特に、学業・職業・地位などに関する事柄。履歴。 「 -を偽る」
実際に見聞すること。体験すること。 「己が-せし阿善アテネ国難の有様と回復の顚末とを物語りなどして/経国美談 竜渓
歳月が過ぎて行くこと。 「自己おのれが終身に-したる日数を/月世界旅行
めぐり歩くこと。 「世界の文明国を-すべし/新聞雑誌 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐りゃく キャウ‥【経歴】

〘名〙 =けいれき(経歴)色葉字類抄(1177‐81)〕

けい‐れき【経歴】

〘名〙
① (━する) 歳月が過ぎること。年月が経過すること。
※浄業和讚(995‐1335)上「地涌礼讚するあひだ、五十小劫経歴し、久遠成道(くおんじゃうだう)きくときに、利益供養希有(けう)ならむ」 〔漢書‐東方朔伝〕
② (━する) いろいろなところをめぐり歩くこと。遍歴。
※東寺百合文書‐に・文安二年(1445)一二月一一日・氏名未詳契状「為私廻内外経歴、不可等閑存候」
※胡瓜遣(1872)〈仮名垣魯文〉初「劇を出て金龍山内を経歴(ケイレキ)して、花やしきの楽眼窟で西洋目鏡の銅板を見たり」 〔古楽府‐善哉行〕
③ (━する) 実際に見聞し、また、試みること。経験すること。
※実隆公記‐明応八年(1499)五月三日「抑兼致朝臣子兼満叙爵事申請之処、六位事可令経歴之由被仰下」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「一書を著はし、その経歴するところの事を述べたり」 〔南史‐王延之伝〕
④ 今までに経験して来た学業、仕事、身分、地位などの事柄。履歴。閲歴。
※中外抄(1137‐54)保延六年九月二九日「但先祖経歴事、若有漏脱歟」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「本篇に載る所は、悉皆(しっかい)作者自身の経歴(ケイレキ)なるべし」
[補注]古くは「きょうりゃく」または、「きょうれき」とも読んだ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経歴の関連情報