コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楯岡小七郎 たておか こしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楯岡小七郎 たておか-こしちろう

1731-1788 江戸時代中期の武士。
享保(きょうほう)16年生まれ。肥後熊本藩士。幼少のとき,にあった父四郎兵衛の身がわりとして獄につながれたいとねがいでたため,藩主はその誠心をよろこび,父の罪をゆるしたという。のち勘定頭,側取次などをつとめた。天明8年2月7日死去。58歳。名は定厚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楯岡小七郎の関連キーワード享保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android