コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

買米 カイマイ

デジタル大辞泉の解説

かい‐まい〔かひ‐〕【買米】

江戸時代、米価引き上げなどの目的から幕府や諸藩が大名市中商人に米の買いつけを命じたこと。また、その米。幕府や藩自身が買い取る場合にもいった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわせまい【買米】

江戸幕府が富裕町人に市中の米を買い上げさせることで中央市場の米価上昇を図った政策。1731年(享保16)から1810年(文化7)まで大坂で6度,江戸で1度の実施が確認できる。形態や方法は時期により若干異なるが,1731年の場合は大坂で,5月に富商から15万両を米仲買に貸与させ購入させる計画が出されたが実施されず,6月に鴻池善右衛門,泉屋吉左衛門ら富商130人余に各自の財力に応じて1000~5000石の米を現米や米切手で購入させ,その数量・価格などを奉行所に報告させるとともに,一定期間保持させて資金入用のときは担保にすることを認め,さらにそれでも不十分であったため,10月には大坂三郷の各町々に割り付けて町内の住民に購入させたが,それらの米は総計60万石に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいまい【買米】

江戸時代、享保年間(1716~1736)以降、米価が低落するのを防ぐため、幕府から江戸・大坂の商人に買い入れさせた米。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の買米の言及

【買米】より

…その結果,たとえば同年正月1石が銀29匁8分であった広島米が11月には48匁以上になったように一定の成功をみた。しかし,このように御用金の賦課にも通じる方法であったため町人の抵抗もつよく,1806年には幕府が大坂の富商300人余に指定した買米高が総計120万石であったにもかかわらず,商人たちが承諾した請高の総計は60万石にとどまった。なお,これと類似した政策に〈公儀幷市中買持米〉があり,幕府自身が市中の米を買い上げ,かつ町人の大口買付けを許可・奨励しており,史料ではすべて〈買米〉と記されているが,この場合は〈かいまい〉と読んでいる。…

【仙台藩】より

…このため1742年(寛保2)調べによれば全領人口81万8061人のうち武家23%弱,百姓74%弱,町方2.5%で,武家人口が多く,大身の家臣には1万石以上の大名級の者が10名もあって,割拠性の強い構造を形づくった。 藩政初期には新田開発,北上川流路改修,東廻海運の拠点石巻港造成等を推進し,買米(かいまい)仕法の実施等経済的基礎を固め,支倉常長の遣欧,桃山文化の摂取にもつとめた。しかし家臣団の割拠性の強さは伊達騒動をひき起こし,吉村の享保改革に際しても領内総検地案を撤回させる結果となった。…

※「買米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

買米の関連キーワード紀伊国屋源兵衛大坂屋利右衛門平野屋五兵衛工藤治兵衛高間伝兵衛伊達重村加茂一揆江戸時代会津藩鴻池家加島屋仙台藩御用金

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

買米の関連情報