槍梯子(読み)ヤリバシゴ

デジタル大辞泉の解説

やり‐ばしご【××梯子】

忍びの道具で、石垣・屋根などにかけて乗り越えるためのもの。たたみばしごの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やりばしご【槍梯子】

たたみ梯子の一。石垣・屋根などへかけて乗り越えるのに用いた。柄に筋金を入れ、銅輪をひねると、柄の内から板金が左右に出て、足をかけられる仕組みになっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やり‐はしご【槍梯子】

〘名〙 たたみばしごの類。忍びの道具で、石垣、屋根などにかけて、乗り越えるためのもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android