コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槽歯類 そうしるいThecodontia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

槽歯類
そうしるい
Thecodontia

爬虫類に属する絶滅目。ワニ目,翼竜目,竜盤目,鳥盤目などの直接の祖先とみられる。歯は槽歯,歯根は中空状で次に生える歯がその下に控えている。背面に甲が発達している。二脚歩行。小型で軽快な原始的型から成る亜目と,同一祖先に出発したとみられるやや進歩した大型なものから成る亜目との2つが知られている。三畳紀初期に出て,同紀末に絶滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の槽歯類の言及

【鳥類】より

…生物学的に見て,鳥類は哺乳類とともにもっとも進化した動物といいうる。【森岡 弘之】
【系統と分類】
 鳥類に比較的近い特徴をそなえた動物は,中生代に繁栄した爬虫類の槽歯(そうし)類,その中でも偽鰐(ぎがく)類である。偽鰐類は小型の食肉性爬虫類で,あごに鋭い歯をそなえ,前肢は比較的小さく,鳥のように2本の脚で体を支えていた。…

※「槽歯類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

槽歯類の関連キーワードテコドント竜盤類爬虫類