コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜目 あもくsuborder

翻訳|suborder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜目
あもく
suborder

生物の分類学上,の間におかれる階級。たとえば,哺乳類の齧歯 (げっし) 目を,リス類,ネズミ類,ヤマアラシ類の3つに分けることがあり,それぞれ亜目とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あ‐もく【亜目】

生物分類学上の単位の一。必要な場合に、の間に設けられる。齧歯(げっし)目をリス亜目・ヤマアラシ亜目・ネズミ亜目に分けるなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あもく【亜目】

生物分類上、目に設けられることがある小区分。霊長目のキツネザルとニホンザルを原猿亜目と真猿亜目に分類するなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

亜目の関連キーワードオオエッチュウバイ反芻動物・反蒭動物エッチュウバイエゾボラモドキヒメエゾボラビゼンクラゲエゾアワビニホンザルコクヌストアオリイカスルメイカキツネザルアカエビドジョウエゾバイミズダコエゾボラトコブシ原猿亜目カガバイ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亜目の関連情報