コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爬虫類 はちゅうるい Reptilia; reptile

6件 の用語解説(爬虫類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爬虫類
はちゅうるい
Reptilia; reptile

脊椎動物門爬虫綱に属する動物の総称。石炭紀に現れ,中生代に繁栄した動物群で,進化の系統では両生類鳥類哺乳類の中間に位置する。皮膚を保護する鱗をもち,陸上に卵を産むことで,地上のほとんどの場所で活動できるようになり,形態は多様化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はちゅう‐るい【×爬虫類】

爬虫綱に分類される脊椎動物の総称。カメトカゲヘビワニなど。変温動物で、体は表皮の角質化したうろこで覆われ、四肢は短小または退化して消失。大部分が陸生で、肺呼吸を行う。卵生、一部は卵胎生古生代二畳紀両生類から進化し、中生代に繁栄して恐竜など大形種も生じていた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

爬虫類【はちゅうるい】

変温動物のうちでは最も進んだ体制をもつ脊椎動物の一綱。体表は原則として角質の鱗におおわれ,半数以上の種類が発達した四肢をもつが,四肢が退化したものもある。心室は不完全ながら隔壁で区分され,終生肺で呼吸して,鰓呼吸の時期をもたない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はちゅうるい【爬虫類 reptile】

脊椎動物門爬虫綱Reptiliaに含まれる,角質の体鱗に覆われた変温動物の総称。古生代末期に両生類から分化し,陸上に進出して中生代に大きな発展を遂げ,恐竜時代または爬虫類時代と呼ばれる繁栄を築きあげた。しかし中生代末には急速に衰退した。その原因はわかっていない。現生の爬虫類は,カメ類,ムカシトカゲ類,トカゲ類,ヘビ類およびワニ類の総計約6200種が知られ,熱帯・亜熱帯地方を中心に,南極を除く世界の各大陸および諸島に分布し,一部は北極圏に達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はちゅうるい【爬虫類】

脊椎動物爬虫綱に属する動物の総称。全身が角質の表皮におおわれ、水分の蒸散が防がれている。肺呼吸をし、心臓は普通二心房二心室だが、心室間の中隔は不完全。卵生または卵胎生。変温動物。中生代には大型爬虫類(恐竜)が栄えた。現在はカメ・ワニ・トカゲ・ヘビなど約六千種を数える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爬虫類
はちゅうるい
reptile

脊椎(せきつい)動物門爬虫綱に属する、角質の体鱗(たいりん)に覆われた変温動物の総称。この仲間Reptiliaは次のような歴史を有する。[松井孝爾]

系統と進化

爬虫類は古生代末期に両生類から分化し、乾燥に強い皮膚と発達した四肢を備え、卵殻をもつ有羊膜卵(発生過程で羊膜を生ずる卵)を陸に産むことで、陸上に進出した。やがて、中生代には大発展を遂げて、爬虫類時代とよばれる繁栄を築きあげた。爬虫類の最初の祖先型は、ペルム紀(二畳紀)に出現したリムノスケリスLimnoscelisなどの杯竜(はいりゅう)類で、すでに爬虫類型の骨格を完成しており、その起源は、両生類と爬虫類の両方の特徴をもつシームリアSeymouria類と考えられている。ジュラ紀から白亜紀にかけて、大形恐竜類を含む多数の群に分化し、陸ばかりでなく海、空にまで生活圏を拡張していった。しかし中生代末期には不明の原因で急に衰微し、かわって爬虫類から分岐した哺乳(ほにゅう)類、鳥類が台頭するようになった。爬虫類の現生種はカメ、ムカシトカゲ、トカゲ、ヘビ、ワニの総計約6000種で、南極を除く世界の各地に分布する。[松井孝爾]

形態的特徴

体表は鱗(うろこ)または角質の皮膚に覆われ、分泌腺(せん)が乏しくて乾燥している。体鱗は表皮の表層が角質化したもので、さらに骨質の皮骨を含むものも少なくない。カメレオンをはじめ樹上性のトカゲ類には、真皮内の色素胞の収縮・拡張による体色変化を利用した、効果的な保護色をもつものが多い。脱皮は、成長に伴って表皮の角質部が脱落するもので、ヘビでは全身が一度に、トカゲでは部分的に、カメやワニでは徐々に行われる。骨格は両生類よりもさらに硬骨化し、頭骨はただ1個に減った後頭顆(こうとうか)(後頭部にあるくぼみ)で頸椎(けいつい)と関節するため、頭部はかなり自由に動く。頭骨の構造、とくに側頭窓(目の後方にある開口部)の数や位置は分類上重要な要素であり、全体が六ないし七群(亜綱)に分類される。そのうち現生種が含まれるのは次の三群のみで、他はすべて絶滅した化石種である。[松井孝爾]

現生種

(1)無弓亜綱Anapsida もっとも原始的な一群で杯竜類も含まれる。頭骨は堅固な少数の骨で構成され、側頭窓がなく側頭部は完全に覆われている。現生種はカメ目だけで、甲を備えた祖先型はすでに三畳紀に出現していた。甲は、皮骨である骨板と脊椎骨、肋骨(ろっこつ)、鎖骨が結合した堅固な箱形で、表面は角質の甲板(こうばん)(鱗板)で覆われるが、一部では二次的に甲や甲板が退化している。上下のあごとも歯を欠くが、祖先型では口蓋(こうがい)に歯を残していた。肛門裂(こうもんれつ)は体軸に平行である。すべて卵生で、水生・海生種も陸で産卵する。11科約220種が知られ、頭頸部の引っ込め方で、潜頸亜目と曲頸亜目に大別される。(2)有鱗亜綱Lepidosauria 原則として上下2個の側頭窓があり、体表は角質化した細鱗で覆われる。肛門裂は体軸に直角である。三畳紀初期に分化して栄えた喙頭(かいとう)目は、現在ムカシトカゲ科の一種がニュージーランドに生存するだけである。有鱗目で現存するのは、トカゲ亜目の約23科3400種とヘビ亜目の約11科2500種で、側頭窓は下方で不完全となって1個しかなく、下あごは方骨を介して頭蓋に緩く関節するため、口を大きく開くことができる。(3)鰐形(がくけい)亜綱Archosauria 上下2個の側頭窓をもち、肛門裂は体軸に平行である。代表的な大形恐竜を含み、現生種は槽歯目から分化したワニ目の2科23種である。歯並びや鱗板の違いで、アリゲーター科とクロコダイル科に分類される。全長3~7メートルの大形種が多く、爬虫類ではもっとも強力な存在である。
 爬虫類は、毒ヘビと少数の大形ワニが人畜に被害を与えるが、反面、多くの種が農林業の害獣であるネズミ類や小哺乳類をとらえて、役だっている。一部が食用、細工物の材料、ペット、民間薬用に供せられる。[松井孝爾]
『『小学館の学習百科図鑑36 両生・はちゅう類』(1982・小学館) ▽『学研の図鑑 爬虫・両生類』(1973・学習研究社) ▽中村健児・上野俊一著『原色日本両生爬虫類図鑑』(1963・保育社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の爬虫類の言及

【脊椎動物】より

…海,淡水,陸のほとんどあらゆる環境に生息し,体の大型なものが多い。爬虫類時代(中生代)や哺乳類時代(新生代)の名で知られるように動物界でもっとも顕著な類を含み,重要な家畜,実験動物のほとんどがこの類に属する。現生種は約4万4000あり,無顎(むがく)綱(ヤツメウナギなど),軟骨魚綱(サメ,エイなど),硬骨魚綱(ニシン,コイ,スズキなど),両生綱(イモリ,カエルなど),爬虫綱(カメ,トカゲ,ヘビ,ワニなど),鳥綱,哺乳綱が含まれる。…

【聴覚】より

…コイやナマズのようなコイ類(骨鰾(こつひよう)類)では中耳の代りにウェーバー器官があり,音はうきぶくろからウェーバー小骨連鎖を経て内耳に伝わる。両生類や爬虫類には中耳がみられるが,外耳はなく,鼓膜が露出している。外耳は哺乳類で発達するが,鳥類にも一部みられる。…

※「爬虫類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

爬虫類の関連キーワードカモ原索動物脊椎動物袋形動物平衡石羊膜類視物質微胞子虫目キュウチュウ(吸虫)脊椎動物門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

爬虫類の関連情報