コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準ふるい(標準篩) ひょうじゅんふるいstandard sieve

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんふるい【標準ふるい(標準篩) standard sieve】

金属網,あるいは金属多孔板でつくられた粒度分布測定用のふるいのうち,日本工業規格〈JIS Z 8801〉で規定された基準に従ったものをいう。ふるいの目開きは,網ふるいについては呼び寸法で125mmから22μmまで,R40/3数列に従った目開きが,多孔板(板ふるい)については呼び寸法が125mmから5mmまでR20の数列に従った目開きが規定されている。JIS Z 8801は英文ではTest Sieves(試験用ふるい)としているように,この標準ふるいは主として試験用を目的とするものであって,国際的にも国際標準化機構(ISO)でもTest Sievesに関する数種の規格があり,各国の工業規格もほぼその線に沿って定められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android