コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準式ローマ字綴り方 ヒョウジュンシキローマジツヅリカタ

1件 の用語解説(標準式ローマ字綴り方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅんしき‐ローマじつづりかた〔ヘウジユンシキ‐〕【標準式ローマ字×綴り方】

日本語を書き表すためのローマ字つづり方の一。明治18年(1885)にローマ字会が定め、アメリカ人宣教師ヘボンが「和英語林集成」3版に採用したヘボン式を、明治41年(1908)に改正したもの。シ・チ・ツ・フ・ジを、shi, chi, tsu, fu, jiと書くつづりなどは、ヘボン式と同じであるが、ye, woをe, oとするところ、kwa, gwaを廃止したところなどが、ヘボン式ローマ字綴り方とは異なる。改正ヘボン式。→ローマ字綴(つづ)り

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone